フォローする

QA-Scanと Geomagic Verify / Rapidform XOV の違いについて

QA-Scanは Geomagic Verify (旧Rapidform XOV) の一部を制限したソフトウェアです。

主な相違点はファイル保存形式(拡張子)と開くことができるファイル形式およびインポート/エクスポートできるファイル形式です。

QA-ScanはQA-Scan(*.xov)で保存したファイル、および、ScanStudio(*.scn)で保存したファイルのみ開くまたはインポートすることができます。

QA-Scan と Geomagic Verify / Rapidform XOV  のファイル形式は同じです。QA-Scan で保存したファイルを Geomagic Verify / Rapidform XOV で開くことができます。また、 Geomagic Verify / Rapidform XOV で保存したファイルを QA-Scanで開くことができます。

検査処理や検査成績表作成機能に相違はございません。GUIも同じです。

QA-Scanは CATIA/Pro-E/NX/SolidWorksなどの生データインポート・エクスポートの機能はサポートしません。

また、ACISのインポート・エクスポート機能をサポートしておりません。

 

ファイル形式比較表を以下に記します。※Geomagic Verifyは2015年3月を持ちまして販売を終了させて頂きました。

 

QA-Scan

 Geomagic Verify / Rapidform XOV 

ファイル保存形式(拡張子)

.xov

.xov

開くことができるファイル形式

.xov

.xov

インポートできるファイル形式

Nominal Data(基準データ)

.xdl/.xrl/.rwl/.xov/.mdl/.fcs/.icf

.igs/.iges/.stp/.step/.x_t/.x_b

.vda/.3dm

.xdl/.xrl/.rwl/.xov/.mdl/.fcs/.icf/.stl/.obj

.igs/.iges/.stp/.step/.x_t/.x_b

.model/.prt/.sldprt/.dxf/.sat/.sab

他に約40種類

インポートできるファイル形式

Scan Data(スキャンデータ)

.xdl/.xrl/.rwl/.xov/.mdl

.xpc/.pts/.fcs/.icf

.scn (ScanStudio)

.xdl/.xrl/.rwl/.xov/.mdl/.xpc/.pts/.fcs/.icf

.stl/.obj/.ply/.rwl/.3ds/.scn (ScanStudio)

.igs/.stp/

他に約30種類

エクスポートできるファイル形式

Nominal Data(基準データ)

.xdl /.mdl/.igs/.stp/.x_t/.x_b

.xdl /.mdl/.igs/.stp/.x_t/.x_b

.sat/.sab/.model/.catpart

エクスポートできるファイル形式

Scan Data(スキャンデータ)

.xdl /.mdl/.pts/.asc/.ply/.3ds/.wrl

.icg/.ptc/.pts/.dxf

.xdl /.mdl/.pts/.asc/.ply/.3ds/.wrl

.icg/.ptc/.pts/.dxf

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk